落ち込んだ時や、ますます元気になりたい時に、もっと元気が出るサイトです

おススメの作業用音楽-たいせつなひと

recommended-music-2

今回、オススメする1曲は、カサリンチュさんの『たいせつなひと』です♪

とても癒される曲で、カサリンチュさんの歌声と、とてもあっています。

優しい歌なのですが、とても力強く、題名どおり、たいせつなひとに想う歌になっています。

ほっとしたい時に、オススメです♪
是非、聴いてみてください♪


カサリンチュは、鹿児島県大島郡笠利町(現・奄美市)出身・在住の2人組音楽ユニット。

中学・高校の同級生だった二人は、同じバンドを組んでいた。
高校卒業後、専門学校進学を機に上京。
それぞれ東京での生活を経て島に帰郷。友人の結婚式で二人で歌ったことがきっかけとなり、2005年ユニット結成。

ユニット名は「笠利の人」を意味する。
インディーズでミニアルバムを2枚リリース後、2010年にミニアルバム「感謝」でメジャーデビュー。

メジャーデビュー後も奄美大島に在住し、それぞれ仕事をしながら音楽活動を続けていたが、タツヒロが音楽活動に専念するため、2013年6月末で製糖工場を退職したことが、2013年7月の「わん、脱いじゃいます!」重大発表しちゃいます!ツアーの中で発表された。

おススメ書籍


本書は、ライティングテクニックというよりも、

ライティングに必要な心構えや、考え方、メンタル面を多く説明されています。

テクニックよりも、もっと基本的なことを、しっかりとマスターすることで、

書く事がしんどくなくなるという考え方です。

ライティングを仕事にされている方には当然役立つ内容ですが、ビジネスマンにも、かなり役立つ内容になっています。

本書の説明通り、「書くな。」「伝えろ。」を意識することで、文章力も必ず上達すると思います。

また、SNSの伝えたについても、大きな章で説明されているので、SNSの宣伝で苦戦されている方にも役立つと思います。


本書では「仕組み仕事術」に関しては、仕組み化・ルーティン化を行う為のテクニックについての内容になります。

ルーティン化できる作業は、ルーティン化し、無駄な思考を減らすことで、本当に必要な部分に時間を割くべきという考え方が学べます。

本書はとても読みやすく、こちらも非常にオススメの書籍です。

藤尾秀昭 (監修), 稲盛 和夫 (その他), 柳井 正(ほか述) (その他)