おススメの作業用音楽-あの紙ヒコーキくもり空わって

今回、オススメする1曲は、19さんの『あの紙ヒコーキくもり空わって』です。

とてもヒットした曲なので、ご存知の方々も多いのではないでしょうか?

シンプルな曲ですが、とても力強く、聴くだけで、とても元気になれる曲です。

落ち込んでいる時はもちろんですが、作業に集中したい時にもオススメしたい曲です。

19さんの活動期間は短く、もっと多くの楽曲をリリースして欲しかったと思います。
でも、もしかすると再結成なんて事もあり得るかもしれません。


19(ジューク)は、日本のフォークデュオ。
岡平健治と岩瀬敬吾によるデュオ。デビュー当初は326(みつる)がビジュアルプロデュースと作詞を担当するメンバーとして参加していた。
ネオ・フォークの生みの親。2002年3月解散。

岡平健治と岩瀬敬吾によるデュオと、ヴィジュアル・プロデュースと作詞を担当するイラストレーターの326(ミツル)とのコラボレーション・ユニット。

1999年春にTBSテレビの「1999・春」キャンペーン・ソングに2ndシングル「あの紙ヒコーキ くもり空わって」が起用されたことによりヒット。
そのことがきっかけで、TBS系列『うたばん』内で注目の若手枠に出演。
健治がフリーター時代に世話になっていた中華飯店にインタビューし、メッセージを貰うという企画では、VTRを見た健治が言葉を発せなくなるほど号泣していた。
その後の『うたばん』の出演で、無茶苦茶な誓約書(毎日石橋さまと中居さまのいる方角を拝む、収入の何割かを石橋さま・中居さまに振り込むなど)にサインさせられ(もちろんネタ)、その誓約書は19が解散するまでスタジオに飾られていた。
「あの紙ヒコーキ くもり空わって」はロングヒットとなり、1999年に『NHK紅白歌合戦』初出場の際、326は応援に登場し、19が歌うバックには326によるイラストが掲げられた。

3rdシングル「すべてへ」ではオリコンチャート1位を記録。以降、事実上326はメンバーを脱退。それまでフォーク色の強かった作風が、ロックテイストのものに変化していく。
2000年に行われたシドニーオリンピックの日本代表選手団公式応援ソングとして、「水・陸・そら、無限大」が起用され、同曲で2度目のNHK紅白歌合戦出場。

2002年2月に解散を発表。
以降、本人達によるPR・マスコミ・ライブ活動は一切なく、3月21日ラスト・シングル「蒲公英 -たんぽぽ-」を発売し、3月31日に解散した。

スポンサーリンク