落ち込んだ時や、ますます元気になりたい時に、もっと元気が出るサイトです

「原因」と「結果」の法則

今回の書籍は、「原因」と「結果」の法則 です。

100年以上も読み続けられ、聖書の次に売れているという、自己啓発の定番となる書籍です。

最初に購入したときは、2003年ごろなので、もう、20年ほど前に購入した書籍ですが、

毎年、必ず読み返している書籍です。

本書の概要

本書は、英国が生んだ、謎の哲学者ジェームズ・アレンによって、1902年に書かれたものです。

世界中で今も売れ続けている書籍となっており、

聖書より売れているという有名な書籍です。

本書の主張はシンプルです。

「原因」によって生み出される「結果」。

その因果関係には偶然性が存在しないということを、シンプルに伝えています。

本書の構成は、7つのパートに分かれています。

本書の構成
  1. 思いと人格
  2. 思いと環境
  3. 思いと健康
  4. 思いと目標
  5. 思いと成功
  6. ビジョン
  7. 穏やかな心

著者

ジェームズ・アレン

1864年、英国生まれ。父親の事業の破綻と死から15歳で学校を退学。

以後、さまざまな仕事に就きながら独学で学び、38歳で執筆活動に専念する。

作家としてのキャリアは他界した1912年までの9年間と短いが、執筆された19冊の著書は世界中で愛読され、とくに1902年に書かれた『AS A MAN THINKETH』は、現代成功哲学の祖として知られるナポレオン・ヒル、デール・カーネギー、アール・ナイチンゲールなどに強い影響を与えた。

今も、自己啓発のバイブルとして、世界中で読まれつづけている。

本書のポイント

文章がシンプルで短い

文章が短いので、短時間でも読むことができます。
毎日の就寝前に、少しづつ読むだけでも、翌日から自分自身に変化があると思います。

自己犠牲の大切さがわかる

価値ある目標を達成することに、自己犠牲を払わなければならないことが納得できる。

本書を読んで

人は誰でも内側で考えているとおりの人間である。
心の中の思いが私たちを作っている。

この文章を読んだときに、強い衝撃を受けました。
人は、思ったとおりの人間になるということ。
今の自分は、自分自身が望んだ結果だということを、わかりやすく伝えています。

今の自分は、数年前の自分の思考、行動の結果だということ。

5年先、10年先の自分は、今の思考、行動の結果になるということを改めて実感できました。

本書を要約すると、下記の3つになるでしょう。

本書要約
  1. 環境は自分が創りだしている
  2. 成功には自己犠牲が必要である
  3. 正しい思いは訓練できる

書籍の購入

ジェームズ アレン (著), James Allen (原著), 坂本 貢一 (翻訳)
ジェームズ・アレン (著), 坂本 貢一 (著)
ジェームズ アレン (著), James Allen (原著), 坂本 貢一 (翻訳)
ジェームズ アレン (著), James Allen (原著), 坂本 貢一 (翻訳)

おススメ書籍

スティーブン・R.コヴィー (著), フランクリン・コヴィー・ジャパン (翻訳)


本書も大変に有名な自己啓発の書籍です。

著者のスティーブンRコヴィーさんは、自己啓発書の名著としてよく紹介されているので、ご存じの方も多いと思います。その中でも有名な「7つの習慣シリーズ」の時間管理術に特化した内容となっている書籍です。

すぐに実践できる内容になっているので、まじめに実践すれば、効果が明確にわかると思います。

藤尾秀昭 (監修), 稲盛 和夫 (その他), 柳井 正(ほか述) (その他)


マイケル・サンデル (著), 本田 由紀 (その他), 鬼澤 忍 (翻訳)